翻訳見本 英語から日本語へ 記事と字幕

Vice Japanから

Nadia

THE GIRL WHO ESCAPED FROM THE TALIBAN AND BECAME A SOCCER STAR

アフガニスタンの少女は
ドリブルで人生を切り拓く
デンマーク女子サッカー代表
ナディア・ナディムの半生

Every day, the girl who wasn’t supposed to play crept a little closer to the actionFirst to the perimeter of the soccer facility. Next to the low-slung fence surrounding the field. Then to the top of the fence, the better to sit and watch the local kids practice, amazed that girls could participate. She even started returning stray balls.

サッカーをしたことのない少女は毎日、その日に向かって少しずつ進んで行った。最初はサッカー施設の周りに、次はフィールドを取り巻く低めのフェンスに、やがてフェンスの一番上にと。子供たちの練習を見るには最適な場所だ。驚いたことに少女達がサッカーをやっているではないか。やがて、彼女はたまにやってくるはずれボールを返し始めた。

Soon enough, 12-year-old Nadia Nadim and her new friends at the refugee camp in Denmark–both girls and boys, a concept which was still very new for her–discovered that the bushes lining the soccer field next door were flush with abandoned balls. The boys and girls collected as many balls as they could, and then started playing on the field when the local children weren’t using it.

すぐに12歳のナディア・ナディムとデンマークの難民キャンプの新しい友達たち、女の子と男の子が、サッカー・フィールドに沿った茂みに、忘れられてそのままになったボールがたくさんあるのを発見した。難民キャンプの子供たちは、彼女にとっていまなお新鮮な思い出だ。少年と少女はできるだけたくさんのボールを集め、その地域の子供たちが使っていない時間にサッカー・フィールドで遊び始めた。

Eventually, Nadim mustered the courage to ask the coach of the girls’ team if she could play, a decision that unwittingly put her on a path to becoming one of the best strikers in the world.

やがて、ナディムは勇気を奮い起こしてコーチに少女チームに入れないかと尋ねた。思いも寄らず、この決断が彼女を世界のベスト・ストライカーになる道を開いた。

*****

Long before Nadim starred for Sky Blue FC in the National Women’s Soccer League and brought Denmark to the cusp of qualifying for this summer’s Women’s World Cup, she kicked her first soccer ball in the unlikeliest of locations: the walled garden of her childhood home in Kabul, Afghanistan.

ナディムはナショナル・ウーマンズ・サッカーリーグ(NWSL。アメリカ合衆国の女子サッカーの国内1部リーグ)のスカイブルーFCのスターとして長い。そして、この夏のウーマンズ・ワールド・カップでデンマークを予選の入り口まで導いた。

しかし、彼女の最初のサッカーは想像もできない場所からだった。アフガニスタンのカブールの子供時代の壁に囲まれた自分の家の庭からだったのだ。

Her father, Rabani, was a progressive man. The Taliban had seized control over the country in the fall of 1996, declaring Afghanistan an Islamic state and immediately banning women from employment; education; venturing outside the house without male supervision; laughing loudly; wearing anything white or shoes that made noise; being seen in public uncovered by a burqa; and, of course, playing sports.

彼女の父親、ラバニは進歩的な男だった。タリバンはすでに1996年の秋には国の支権配を掌握していた。彼らはアフガニスタンをイスラム国家だと宣言し、そして、即座に女性たちに制約を課した。雇用、教育を奪い、男性の監視下なしでの外出、声を上げて笑うこと、白いものを身につけること、音を立てる靴、公衆の場にブルカ無しに現れることを禁じた。そしてスポーツをすることをも。

Read More

Vice Japanの記事へ

ネパール大地震 日本語字幕の仕事です。

米国の某有名新聞の記事から 一部を採録します。

At Denison University in Granville, Ohio, the survey results indicate a continuing rebound in the job market after the recession. Denison, which had information on 95% of its 520 graduates from the class of 2014, reported that about two-thirds of respondents were working full or part time within six months, up from 56% for the class of 2013.

Meanwhile, the share that attended graduate school declined to 15% from 21% the prior year, as more students eyed immediate earnings, said Kirsten Fox, associate director of career exploration and development at Denison.

オハイオ州グランビルのデニソン大学の調査は、景気後退後に求人市場が継続して回復していることを示している。大学は2014年の卒業生520人のうち95パーセントの情報を把握し、回答者の3分の2が半年以内にフルタイム、またはパートタイムの職についたことをレポートした。2013年の卒業生の数値56パーセントから上昇している。

デニソン大学の職業調査と開発(キャリア・エクスプロレーション・アンド・ディベロープメント)の副部長、クリステン・フォックスは「同時に、大学院に進学する学生の割合は前年の21パーセントに比べて、15パーセントの落ち込みとなり、より多くの学生が目先の収入に向かっている」と話す。

お問い合わせ
お申し込み